岐阜市にある阪野クリニック(内科・循環器内科・いびき 睡眠障害センター、禁煙外来、肥満外来、ED外来)。岐阜駅すぐ、名古屋からアクセス良好。

病院は岐阜市の岐阜中央郵便局前にあり、内科専門医が内科全般の診療を行います(土曜日の診察あり)。健康増進・病気に関する相談は、お気軽に。

いびき、睡眠時無呼吸症候群について検査入院が受けられる体制を完備し(いびき睡眠障害センター)、内科、循環器内科、睡眠障害の専門医の立場から、いびき治療と様々な睡眠障害の治療に全力で取り組んでいます。

» 阪野勝久twitter

岐阜市にある、レム睡眠行動障害の病院・睡眠外来にご相談下さい

レム睡眠行動障害とは

睡眠中に生じる望ましくない状態を呈する睡眠時随伴症の一つで、子どもに多い
夢遊病(睡眠時遊行症)などと同じカテゴリーの睡眠障害です。レム睡眠中に
異常行動が出現するので、レム睡眠行動異常症とも呼ばれます。

 

夢を見ているときは浅い眠りで、レム睡眠では、手足の筋肉の緊張が緩んでおり、
体が動かない仕組みになっています。レム睡眠行動障害では、何らかの原因で、
その仕組みが機能せず、夢の内容に反応して異常行動が出現します。

 

 

レム睡眠行動障害の原因

原因の分からない特発性のほか、神経変性疾患、頭部外傷、脳炎、髄膜炎など
頭部の炎症性疾患で起こることがあります。アルコール、睡眠不足、薬剤性などの
二次的要因によるものがあります。

 

レム睡眠行動障害の症状

夢の内容に反応して、体が動く(殴る、蹴る)、寝言など、夢の中の行動がそのまま
出現します。夢の内容、感じの良くない、不快な夢や暴力的な夢が多いのが特徴です。

 

ベッドパートナーを殴る蹴るなどの暴力的な行動がある、壁を殴る、ベッドから
転落する、頭を打撲するなどの怪我をすることが問題となることがあります。

 

レム睡眠行動異常症: 具体的な症例について

ライオン、熊、蛇などに襲われる夢をみて、手で払う動作をして壁に激突する。
会社で勤めていた頃の夢をみて、部下に大声で身振りしながら説教する(大声を出す)。
自分が逃げる夢を見て、ベッドから転落して腰を怪我した。
隣で眠っている配偶者を殴ってしまった。

 

診断について

問診のほか、ビデオ撮影を行いながら終夜睡眠ポリグラフ検査を施行して、
診断します。夜間の異常行動、脳波、筋電図(脚や顎の筋肉の活動)を評価します。
レム睡眠行動異常症の方は、レム睡眠中に筋緊張が亢進しています。

 

治療について

レム睡眠行動障害を引き起こしやすり要因の除去(禁酒、睡眠不足の解消など)と
薬物治療があります。抗てんかん薬のクロナゼパムを用いることが多いです。

 

特発性のレム睡眠行動障害の場合、薬で症状を抑えることが主体になります。
この場合、自傷を防ぐことが管理目標となります。周囲の環境を安全にして
おくことも大切です。

岐阜、名古屋方面で激しい寝言と寝相でお困りの方へ

当院は岐阜市にある「眠りの病気」を診る専門外来を開設しています。
認知症との関連がある高齢者に多いレム睡眠行動障害、夢遊病などで
治療を希望されている方および家族が来院されています。

 

http://parasomnia.biz/

 

 

阪野クリニック 内科 いびき睡眠障害センター
岐阜県岐阜市清住町1-22
058-213-1199