阪野クリニック新着情報

花粉症の対策と治療のご案内

花粉症の対策と治療として、抗ヒスタミン薬の内服、点鼻薬、点眼薬の使用があります。
症状が重い方は、スギ花粉の飛散が始まる2-3週間前から薬を服用すると効果的です。


従来の花粉症、アレルギー性鼻炎の薬は眠くなるので仕事中に困るという声をよく聞きます。
第二世代の抗ヒスタミン薬は眠気が少なく、1日1回~2回の服用でアレルギー性鼻炎、
スギ・ヒノキ花粉症の症状をコントロールするものです。


その他、花粉症に保険適応のある漢方薬を治療に活用することができます。漢方薬は、
眠気が生じない特徴があり、治療薬として漢方薬を選択される方もいます。スギ花粉症の
病状が重い方は、抗ヒスタミン薬と漢方薬の併用も行っています。


その他、ステロイドが配合された抗ヒスタミン薬、ノイロトロピンなどの注射薬を用いて、
アレルギー症状を緩和することもあります。


岐阜市の名鉄岐阜駅すぐにある当院では、病状に応じてスギ花粉症治療を検討します。
春のスギ花粉症、秋の花粉症の症状、くしゃみ、鼻水、鼻づまりでお困りの方、ご相談下さい。