岐阜市にある阪野クリニック(内科・循環器内科・いびき 睡眠障害センター、禁煙外来、肥満外来、ED外来)。岐阜駅すぐ、名古屋からアクセス良好。

病院は岐阜市の岐阜中央郵便局前にあり、内科専門医が内科全般の診療を行います(土曜日の診察あり)。健康増進・病気に関する相談は、お気軽に。

いびき、睡眠時無呼吸症候群について検査入院が受けられる体制を完備し(いびき睡眠障害センター)、内科、循環器内科、睡眠障害の専門医の立場から、いびき治療と様々な睡眠障害の治療に全力で取り組んでいます。

» 阪野勝久twitter

高脂血症・コレステロール治療について

高脂血症とは

高脂血症は血液中のコレステロール・中性脂肪が増加する病態で、放置すると
動脈硬化が進み、血管が詰まりやすくなります。その結果、狭心症、心筋梗塞、
脳卒中の発症のリスクが高くなります。


脂質異常症について

従来コレステロール値が220mg/dl以上となると、高コレステロール血症と
呼ばれていました。最近では、動脈硬化の原因となるLDLコレステロールが高い、
又は、余分なコレステロールを肝臓に運ぶHDLコレステロールが低い場合を、
脂質異常症と呼んでいます。


高脂血症の原因と症状、検査

高脂肪食・高カロリー食、アルコール摂取、運動不足などが、原因となります。
その他、遺伝要因が関与した家族性高コレステロール血症という病気もあります。
自覚症状は殆どなく、血液検査による評価が必要です。無症状で経過しても、
動脈硬化が進むと狭心症、脳卒中の症状が出現する危険があります。


高脂血症の治療管理

食事療法・運動療法を基本としますが、コレステロール・中性脂肪が目標とする
範囲にコントロールできない場合に薬物療法を考慮します。高脂血症の治療は、
狭心症・心筋梗塞などの心臓病、脳卒中の予防に効果があります。


お気軽にご相談下さい。

阪野クリニック 循環器内科 いびき睡眠障害センター
岐阜県岐阜市清住町1-22
058-213-1199