岐阜市にある阪野クリニック(内科・循環器内科・いびき 睡眠障害センター、禁煙外来、肥満外来、ED外来)。岐阜駅すぐ、名古屋からアクセス良好。

病院は岐阜市の岐阜中央郵便局前にあり、内科専門医が内科全般の診療を行います(土曜日の診察あり)。健康増進・病気に関する相談は、お気軽に。

いびき、睡眠時無呼吸症候群について検査入院が受けられる体制を完備し(いびき睡眠障害センター)、内科、循環器内科、睡眠障害の専門医の立場から、いびき治療と様々な睡眠障害の治療に全力で取り組んでいます。

» 阪野勝久twitter

岐阜市でAGA治療薬ザガーロを処方します

AGA治療薬ザガーロが登場しました!

病院のAGA外来では、これまで、プロペシア(一般名:フィナステリド)が
薄毛、脱毛の対策として処方されてきました。頭髪に悩む男性にとって、
プロペシアは抜け毛の治療として、脚光を浴びました。
 

2016年6月、ついに、AGA治療の新薬ザガーロの取り扱いが可能となります。
ザガーロは、前立腺肥大症の治療薬アボルブとして、泌尿器領域でこれまで
処方されていた薬と同一の有効成分を含んでいます。
 

岐阜市でAGA治療の外来を開設しています

当院では、AGA対策の処方として、MSD製造のプロペシアを抜け毛対策に
使用してきました。2015年4月からは、プロペシアのジェネリック医薬品、
フィナステリド錠1mg「ファイザー」の取り扱いを始めました。
 

これまで、岐阜市のみならず、各務原市、関市、および大垣市にお住まいの
AGAで困っている男性に、フィナステリドを処方してきました。後発品の
登場によって、安い価格で治療を始めることができました。
 

今回のザガーロ発売によって、新たな治療選択肢を提案することが可能と
なりました。
 

ザガーロとプロペシアの違い

男性型脱毛症の場合、ヘアサイクルはジヒドロテストステロン(DHT)により
短縮しています。テストステロンからジヒドロテストステロンへ変換する
5α還元酵素を抑えることが、抜け毛対策の根本になります。
 
ザガーロ(一般名:デュタステリド)は、1型と2型の5α還元酵素を
同時に阻害することで、効果を発揮します。一方、プロペシアは、
5α還元酵素2型のみを阻害します。
 

このため、ザガーロはプロペシアと比べると同等以上の脱毛抑制効果を
有すると期待されています。本来のヘアサイクルに近づけることで、
毛髪が太く、長く成長し、特に、頭頂部と前頭部の発毛が期待できます。
 

薬の効果が持続する時間について注目すると、ザガーロには半減期が長い
特徴があります。AGA治療薬プロペシアの半減期が4時間程度に対して、
ザガーロの半減期は3から5週間です。

 

5α還元酵素の阻害作用と半減期の長さ、この両者が、二つの薬について
異なります。
 

どんな場合にザガーロ処方を検討するか?

以前からプロペシア(フィナステリド)を服用していても、今ひとつ効果が
不十分である場合、および、男性型脱毛症の症状が進行している場合に
ザガーロ内服を考えることを提案いたします(病院・クリニックでの処方)。
 

AGA外来での診察とザガーロ処方について

岐阜市にある当院では、抗加齢医学専門医が男性型脱毛症の診察を行い、
治療適応を判断した上で、薬を処方します。初めての場合は、30日分の
ザガーロを院内で処方いたします。
 

グラクソ・スミスクライン(GSK)社の純正品ですので、ご安心下さい。

受診方法と費用に関するご案内

<初めての方へ>

 

予約不要ですので、診療時間内にご来院下さい。

・クリニックの 受付で「ザガーロを希望したい」 とお伝え下さい。

 

<料金体系について>

 

・初診料と再診料はかかりません。

・費用はザガーロのお薬料金のみです。

 

ザガーロ (0.5mg) 30錠  価格 9,000円 (税込)