岐阜市にある阪野クリニック(内科・循環器内科・いびき 睡眠障害センター、禁煙外来、肥満外来、ED外来)。岐阜駅すぐ、名古屋からアクセス良好。

病院は岐阜市の岐阜中央郵便局前にあり、内科専門医が内科全般の診療を行います(土曜日の診察あり)。健康増進・病気に関する相談は、お気軽に。

いびき、睡眠時無呼吸症候群について検査入院が受けられる体制を完備し(いびき睡眠障害センター)、内科、循環器内科、睡眠障害の専門医の立場から、いびき治療と様々な睡眠障害の治療に全力で取り組んでいます。

» 阪野勝久twitter

肥満外来:脂肪吸収抑制剤ゼニカルについて

肥満治療薬ゼニカルとは

ゼニカルは米国のFDAで認可された肥満の治療薬で、ヨーロッパにおいても肥満症に
対して処方されています。海外のデータでは、その安全性は検証されています。
ゼニカルは、三大栄養要素の一つ脂肪の吸収を抑え、摂取カロリーを低下させます。


肥満治療としてゼニカルを服用していても、脂肪に起因するカロリーを抑えることは
できますが、一般的な摂取カロリー制限は必要となります。皮下脂肪と内臓脂肪を
直接取り除く効果はありません。


ゼニカルとビタミン補充について

脂肪の吸収が抑制されるので、脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、Kなど)の吸収も
障害されます。そのため、ゼニカルを内服する場合、ビタミンの補充が必要です。


ゼニカルの使い方について

米国では、ゼニカルの内服方法として、毎食前、食中、または食後1時間までに
1カプセル服用(1日3回)となっています。しかし、本邦の食生活の内容を考慮すると、
1日1~2回の内服で十分で、特に脂肪分の多い食事のときに内服すると効果的です。


名鉄岐阜駅すぐ、肥満外来

岐阜市にある阪野クリニックの肥満外来では、脂肪吸収抑制剤であるゼニカルを

処方しています。当診療所は岐阜中央郵便局の東側にあります。



ゼニカル 21カプセル   価格 6,800円(税込)   ※自費治療となります



肥満治療薬ゼニカル


ゼニカル処方についての注意点

医師の診察を受けて頂き、定期的に血液検査を行います。薬による影響として、
便意の回数増加、下痢傾向(脂肪便)、ガス排泄の増加が報告されています。
個人差はありますが、下着を汚してしまう場合があります。未成年、栄養失調の方、
精神障害のある方、消化吸収障害、肝胆膵疾患を有する方には処方できません。



阪野クリニック 内科 いびき睡眠障害センター
岐阜県岐阜市清住町1-22
058-213-1199