阪野クリニック新着情報

重症スギ花粉症の鼻水・くしゃみ症状に使う漢方薬

東海エリアでは毎年2月頃からスギ花粉の飛散開始

外来で相談を受ける耳鼻科領域の病気の中で、アレルギー性鼻炎があります。
スギ、ヒノキ、カモガヤ花粉が鼻粘膜や目の結膜に付着すると、鼻水、鼻閉、
くしゃみ症状、目の痒み、眼球結膜の充血が出現します。

 

岐阜市や各務原市方面では、鼻や目のアレルギー症状を訴える方々が
2月上旬から増えています。

 

病院で行う対策と治療について

毎年、スギ花粉症の症状が重症である場合、早めに抗ヒスタミン薬や
抗ロイコトリエン薬を飲み始めるとシーズン中の症状が軽くなります。
早目の対策が大切です。最寄の耳鼻咽喉科や内科への相談を勧めます。

 

重症の花粉症の症状には漢方薬を活用を

一般的に抗ヒスタミン薬には眠気の副作用が出現することがあります。
第二世代の薬剤を選択することが得策ですが、鼻水、くしゃみ症状が
コントロールできない重症の場合があります。

 

重度の花粉症には、漢方薬の服用を検討しましょう。病院での漢方処方には
様々な種類があります。アレルギー性鼻炎に対する健康保険の適応がある
小青竜湯(しょうせいりゅうとう)は、代表的な処方です。

 

ただし、持病に心臓病や胃腸障害がある方は、小青竜湯以外の処方を
選ぶ必要があります。以下、ばんのクリニック院長がスギ花粉症への
漢方薬治療について、動画を用いて解説をします。

 

 

漢方薬は体質や症状によって処方内容が変わります。最寄りの耳鼻科や内科で
病院に相談しましょう。

 

重症の方への処方は下記動画にありますが、体力が充実している方向けの
生薬となっています。

 

 

以上、病院を受診する前に参考になれば幸いです。