岐阜市にある阪野クリニック(内科・循環器内科・いびき 睡眠障害センター、禁煙外来、肥満外来、ED外来)。岐阜駅すぐ、名古屋からアクセス良好。

病院は岐阜市の岐阜中央郵便局前にあり、内科専門医が内科全般の診療を行います(土曜日の診察あり)。健康増進・病気に関する相談は、お気軽に。

いびき、睡眠時無呼吸症候群について検査入院が受けられる体制を完備し(いびき睡眠障害センター)、内科、循環器内科、睡眠障害の専門医の立場から、いびき治療と様々な睡眠障害の治療に全力で取り組んでいます。

» 阪野勝久twitter

下痢 急性胃腸炎で病院をお探しなら 名鉄岐阜駅すぐ

下痢とは

下痢とは、消化管での水分吸収が不十分で、便が水様になり、何度も排便する状態を
指します。急性と慢性の下痢があります。病院の外来でよく相談を受けるものとして、
急性胃腸炎、嘔吐・下痢症という病気があります。


下痢の原因

下痢には急性と慢性のタイプがあり、急性の下痢の原因の多くは、ウイルスや細菌が
胃腸に感染する胃腸炎です。一方、慢性の下痢は、大腸や小腸の病気、甲状腺機能異常、
さらに、ストレスが関与する過敏性腸症候群などが原因となります。


感染性腸炎

ウイルス性腸炎の中で、ロタウイルス、ノロウイルスなどは冬季に流行する感染症で、
嘔吐・下痢症を引き起こします。一方、腸炎ビブリオ、ブドウ球菌、サルモネラなど、
細菌性腸炎があり、食中毒の原因として知られています。


下痢の治療

ウイルス性胃腸炎の場合、整腸剤、吐き気止め、胃薬などによる対症療法が主体となります。
細菌の感染が疑われる時は、抗生物質の使用を検討します。また、下痢止めを使ったり、
漢方薬を活用したり、脱水対策のため病院で点滴をしたりします。



阪野クリニック 内科 循環器内科
岐阜県岐阜市清住町1-22
058-213-1199