岐阜市にある阪野クリニック(内科・循環器内科・いびき 睡眠障害センター、禁煙外来、肥満外来、ED外来)。岐阜駅すぐ、名古屋からアクセス良好。

病院は岐阜市の岐阜中央郵便局前にあり、内科専門医が内科全般の診療を行います(土曜日の診察あり)。健康増進・病気に関する相談は、お気軽に。

いびき、睡眠時無呼吸症候群について検査入院が受けられる体制を完備し(いびき睡眠障害センター)、内科、循環器内科、睡眠障害の専門医の立場から、いびき治療と様々な睡眠障害の治療に全力で取り組んでいます。

» 阪野勝久twitter

肺炎球菌ワクチンの予防接種について

肺炎球菌ワクチン予防接種の重要性について

肺炎球菌は、高齢者に起きる肺炎の起因菌として多いものです。子供の場合は髄膜炎や
敗血症を引き起こすことがあります。一般内科の外来においても、上気道炎の原因として
肺炎球菌はよく知られています。そのため、ワクチンの予防接種は大切です。


ワクチンの種類

肺炎球菌ワクチンの接種は、肺炎球菌によって引き起こされる病気を予防することが目的です。
現在、成人用ではニューモバックス、子供用ではプレベナーという、2種類の肺炎球菌ワクチンを
利用することができます。


肺炎球菌ワクチンで免疫を獲得する

肺炎球菌には80種類以上のタイプがありますが、肺炎球菌ワクチンを接種することにより、
23種類の肺炎球菌について免疫を得ることが可能です(肺炎球菌による肺炎の7-8割)。
1回の予防接種で、免疫が5年続きます。


肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けましょう

世界保健機関(WHO)では、高齢者の肺炎球菌ワクチン接種を勧告しています。
一方、米国では65歳以上の5割がワクチンを接種しています。


高齢者や心臓・肺に持病がある方は、インフルエンザの予防接種と同様、
冬季の感染症対策として肺炎球菌ワクチンの予防接種は大切です。


名鉄岐阜駅すぐ、肺炎球菌ワクチンの予防接種を希望される方は、お問い合わせ下さい。


岐阜市にお住まいの高齢者の方へ

平成26年10月1日から高齢者肺炎球菌感染症の定期予防接種が始まりました。
岐阜市に住民登録がある65歳以上の方は、この制度を活用しましょう。


料金 4,000円


※生活保護世帯の方は無料で接種を受けることが可能です。



阪野クリニック 内科 いびき睡眠障害センター
岐阜県岐阜市清住町1-22
058-213-1199