阪野クリニック新着情報

睡眠時随伴症パラソムニアの情報サイトをオープンしました

当院の専門外来では、眠りながら叫ぶ、夢に反応して暴れる、怒鳴る症状で
お困りの方からの治療相談を受ける場合が少なくありません。
特に高齢者ではレム睡眠行動障害の治療を求めて来院されています。

 

寝ぼけ行動など、眠っているときに不都合な体の動きがある病気は、
睡眠時随伴症(すいみんじずいはんしょう)と呼ばれています。
英語では、パラソムニア(parasomnia)と表記されてます。

 

夢遊病(睡眠時遊行症)、歯ぎしり(ブラキシズム)、寝言など、
パラソムニアには多くのタイプがあります。

 

この度、パラソムニアの症状、診断、検査、治療管理に至るまでの情報を
提供するホームページを立ち上げました。専門医に病気の治療を求めている方、
病院を受診するサイトが参考になれば幸いに存じます。

 

パラソムニア治療ガイド