岐阜市にある阪野クリニック(内科・循環器内科・いびき 睡眠障害センター、禁煙外来、肥満外来、ED外来)。岐阜駅すぐ、名古屋からアクセス良好。

病院は岐阜市の岐阜中央郵便局前にあり、内科専門医が内科全般の診療を行います(土曜日の診察あり)。健康増進・病気に関する相談は、お気軽に。

いびき、睡眠時無呼吸症候群について検査入院が受けられる体制を完備し(いびき睡眠障害センター)、内科、循環器内科、睡眠障害の専門医の立場から、いびき治療と様々な睡眠障害の治療に全力で取り組んでいます。

» 阪野勝久twitter

メタボリックシンドローム対策・肥満の漢方治療(保険適用) 岐阜駅近く

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満症が存在し、高血圧、脂質異常症、
高血糖の中で2つ以上を合併している症候群です。内臓脂肪の蓄積があると、
生活習慣病を発症しやすく動脈硬化が進み、心臓病・脳卒中の危険が高くなります。


メタボリックシンドロームの検査と診断

腹囲の計測と血圧測定を行い、さらに、血液検査で糖脂質代謝の状態を調べます。
メタボリックシンドロームの診断基準は以下の通りです。


1)腹囲: 男性85cm以上、女性90cm以上
2)最高血圧: 130mmHg以上または最低血圧: 85mmHg以上
3)中性脂肪: 150mg/dl以上またはHDLコレステロール: 40mg/dl未満
4)空腹時血糖値: 110mg/dl以上


上記の1)を満たし、2)から4)の2項目以上が該当すると、
メタボリックシンドロームと診断されます。


高TG血症、低HDL-C血症、高血圧、糖尿病の薬を内服している場合は、
それぞれの項目に含めます。


メタボリックシンドロームの治療とメタボ対策

メタボリックシンドロームの治療管理として、食生活の見直し、運動不足の解消を
行い、内臓脂肪を減少させることが重要です。生活習慣の改善、減量だけでは
コントロールできない血圧、高血糖、脂質異常の対策として、薬を検討します。


岐阜駅近く、メタボリックシンドローム・肥満対策

岐阜市にある当院では、生活習慣病の治療・漢方薬による肥満症の治療(保険適用)を
行っています。痩せたい、中年太り・メタボ対策したい、年末太り、正月太り、産後太り、
ダイエット対策をしたい等、様々なきっかけがあります。ご相談はお気軽に。



阪野クリニック 内科・肥満外来
岐阜県岐阜市清住町1-22
058-213-1199