岐阜市にある阪野クリニック(内科・循環器内科・いびき 睡眠障害センター、禁煙外来、肥満外来、ED外来)。岐阜駅すぐ、名古屋からアクセス良好。

病院は岐阜市の岐阜中央郵便局前にあり、内科専門医が内科全般の診療を行います(土曜日の診察あり)。健康増進・病気に関する相談は、お気軽に。

いびき、睡眠時無呼吸症候群について検査入院が受けられる体制を完備し(いびき睡眠障害センター)、内科、循環器内科、睡眠障害の専門医の立場から、いびき治療と様々な睡眠障害の治療に全力で取り組んでいます。

» 阪野勝久twitter

かぜ・胃腸炎・胃腸風邪(下痢と吐き気)の治療: 名鉄岐阜駅すぐ

胃腸かぜ・感染性胃腸炎とは

胃腸風邪・感冒性胃腸炎は、細菌やウイルスが消化管に感染して、嘔吐・吐き気、
腹痛、下痢などの症状を引き起こす病気です。発熱、脱水、全身倦怠感などの
全身症状を伴うことがあります。


夏の食中毒、冬季下痢症について

感染性胃腸炎はウイルス性と細菌性があります。病原性大腸菌O-157、
腸炎ビブリオ、サルモネラ等の細菌は、夏季に食中毒の原因となります。
一方、冬季にはノロウイルス・ロタウイルスなどのウイルス性胃腸炎が
流行します。


感染性胃腸炎の症状

吐き気と嘔吐、下痢と腹痛がよくみられる症状です。その他、発熱、倦怠感、
食欲不振の症状が出現します。注意すべき症状は脱水症状で、高齢者及び
子供は、早目に病院の診察を受けることが大切です。


感染性胃腸炎の治療法

症状を抑える治療・対症療法が主体となります。発熱の対策に解熱鎮痛剤、
腹痛・下痢の対策として整腸剤、吐き気がひどい場合は制吐剤を用います。
全身症状の改善・脱水対策として点滴、さらに、漢方薬の活用も行います。


名鉄岐阜駅近くにある内科診療所: 胃腸風邪・かぜ治療

内科一般の診療を行っています(岐阜キャッスルインから徒歩2分)。発熱、咳、
喉が痛い、鼻水・くしゃみが止まらない、胃腸かぜ・下痢などで、お困りの方、
ご相談下さい。



阪野クリニック 内科 循環器内科
岐阜県岐阜市清住町1-22(岐阜キャッスルインから東へ100メートル)
058-213-1199