岐阜市にある阪野クリニック(内科・循環器内科・いびき 睡眠障害センター、禁煙外来、肥満外来、ED外来)。岐阜駅すぐ、名古屋からアクセス良好。

病院は岐阜市の岐阜中央郵便局前にあり、内科専門医が内科全般の診療を行います(土曜日の診察あり)。健康増進・病気に関する相談は、お気軽に。

いびき、睡眠時無呼吸症候群について検査入院が受けられる体制を完備し(いびき睡眠障害センター)、内科、循環器内科、睡眠障害の専門医の立場から、いびき治療と様々な睡眠障害の治療に全力で取り組んでいます。

» 阪野勝久twitter

岐阜駅近く、胸焼け・呑酸・胃もたれ 逆流性食道炎について

逆流性食道炎とは

食事をとると食物が食道を通り胃に送られます。食道と胃の間には下部食道括約筋が、
存在し、通常、胃の内容物が食道に逆流しないようになっています。しかし、
何らかの原因で胃酸、食物残渣が逆流し、食道の粘膜に炎症が起こる病気です。


逆流性食道炎の原因

加齢によって下部食道括約筋の働きが低下すると、胃酸の逆流が起きます。食べ過ぎ、
飲みすぎ、油分の多い食事、ストレスは胃酸の分泌が亢進し、胃液が逆流する原因と
なります。その他、肥満、妊婦など腹圧がかかることも要因となります。


逆流性食道炎の症状

胸焼け(食後に起こる)、胸が焼ける感じ、げっぷが多い、胃もたれ等が多い症状です。
喉の辺りや口の中が酸っぱい・呑酸、胃の中身が逆流する感じを自覚することがあります。
その他、腹部膨満感、喉の違和感、咳き込む症状を訴える方もいます。


逆流性食道炎の治療

食生活の改善(過食をさける、消化の良いものをとる)と薬の内服が主体になります。
胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害剤が中心となりますが、薬物治療によって
症状の改善が得られないときに、手術を検討します。



阪野クリニック 内科 循環器内科
岐阜県岐阜市清住町1-22
058-213-1199