岐阜市にある阪野クリニック(内科・循環器内科・いびき 睡眠障害センター、禁煙外来、肥満外来、ED外来)。岐阜駅すぐ、名古屋からアクセス良好。

病院は岐阜市の岐阜中央郵便局前にあり、内科専門医が内科全般の診療を行います(土曜日の診察あり)。健康増進・病気に関する相談は、お気軽に。

いびき、睡眠時無呼吸症候群について検査入院が受けられる体制を完備し(いびき睡眠障害センター)、内科、循環器内科、睡眠障害の専門医の立場から、いびき治療と様々な睡眠障害の治療に全力で取り組んでいます。

» 阪野勝久twitter

岐阜駅すぐ 膀胱炎の治療

膀胱炎の症状、大丈夫ですか?

膀胱炎の症状として、何度もトイレに行きたい、排尿痛、残尿感が
あります。尿が濁ったり、血液が混じったりすることもあります。
膀胱炎は女性に起こりやすい泌尿器の病気です。


膀胱炎とは

膀胱炎は、細菌が尿道から感染して膀胱で増殖して発症します。
女性の尿道は男性と比較して短く、尿道口が肛門や腟に近接しています。
そのため、細菌が感染しやすく、膀胱炎が起きやすい特徴があります。


膀胱炎の原因

大腸菌などの細菌感染が主な原因です。長い時間、トイレを我慢したり、
体調不良、疲労感、風邪による免疫能の低下があったりすると、細菌が
増殖しやすくなり、膀胱粘膜に炎症が生じます。


膀胱炎の症状

排尿時の痛み(尿の終わり)何度もトイレに行きたくなる(頻尿)、
トイレに行っても尿が残っている感じがする(残尿)症状のほか、
尿が白く濁ったり、血が混じったりすることもあります。


通常、発熱することはありませんが、発熱が合併する場合は、
腎盂腎炎や前立腺炎の可能性が考えられます。


外来で行う検査と診断方法は?

病院では、まず尿検査を行います。尿検査では、白血球増多、尿混濁を
確認し、膀胱炎の症状を総合して診断されます。病院を探すときは、
泌尿器科や内科を受診すると良いでしょう。


膀胱炎の治療法

抗生物質を用いた薬物療法が中心になります。尿路感染症に多い
大腸菌に有効なニューキノロン系、セフェム系の抗生物質を、
5日間、継続して服用します。


排尿痛が我慢できない場合は、漢方薬を併用することもあります。
多めに水分摂取して頂き、細菌を排出しやすくすることも大切です。



阪野クリニック 内科 いびき睡眠障害センター
岐阜県岐阜市清住町1-22
058-213-1199